東京ピルブログ

2016.05.23更新

低用量ピルの処方には医師による問診が必要になります。

服用前・服用中にかかわらずです。

医師は、服用者やその家族が今までにどのような病気にかかったことがあるのかたずねます。

また、体重や血圧の測定を行い、低用量ピルを服用してもいいかを判断します。

服用中も6ヶ月毎をめどに、定期的な検査・問診を受けるようにしましょう。

低用量ピルの服用にかかわらず、ご自身の健康状態を定期的にチェックし把握することが大切です。

投稿者: 医療法人社団 恒正会 そねクリニック丸の内