初めての方へ

患者さまの声に耳を傾けます
ピルが初めてでもどうぞ安心してお越しください。

初めてピルを飲まれる方へ

初めてピルを飲まれる方は、少し不安な面もあるかと思います。そのため私たちは事前の検査や診察をきちんと行うことで、安心してピルを始められるようにすることを大切にしています。特に初診時には血液検査をさせていただいております。また、乳がん検診や子宮頸がん検診の受診もお勧めしております。

安全かつ安心してピルを活用し続けることができるよう、定期的に検査を受けるようにしましょう。

ピルの使用をためらっている方へ

何となくピルに頼ることに抵抗がある、薬は飲みたくないなど、ピルに興味はあるものの、まだ迷っている方はいませんか?

ピルは、避妊だけでなく、生理痛・生理不順などにも効果があることが知られており、便利なお薬の一つです。もちろん誰でも必ず飲んだ方がいいということではありませんが、一人ひとりのご状況に合わせて、まずはどう活用できるのかを考えていただくことが重要かと思います。

私たちは、ただピルを処方するのではなく、きちんと患者さんのお悩みをお聞きした上で、最適な進め方をご提案させていただきますので、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

ピル処方の流れ

WEBからご予約ください

WEBで空いている日時がわかりますので、お手軽にご予約いただけます。

ご予約はこちらから>>

矢印

ご来院

東京駅、大手町駅、日本橋駅、三越前駅からすぐ。八重洲側にありますのでお仕事帰りなどにも便利です。

矢印

問診票と質問用紙の記入

安全にピルをご利用いただくため、まずは各種用紙へのご記入をお願いしております。

矢印

問診

女性医師が、ピル処方の目的やお身体の状態などをお伺いします。気になることや不安なことがありましたら、何でもお聞きください。

  • ※血圧測定と血液検査を実施します。身長・体重をご記入いただきますので、測定をお願いいたします。
  • ※問診によっては婦人科診察(内診や経腟超音波など)をお勧めすることがあります。
  • ※ピルのリスクについても、きちんとお話しします。
  • ※ピルについての詳しい説明が記載されている手帳をお渡ししています。
  • ※婦人科医不在の場合がございます。事前にご確認をお願い致します。
矢印

初回のピル処方

まずは、1〜2ヶ月分のみピルを処方します。

矢印

2回目以降のピル処方

副作用がなければ、2回目以降はご希望に応じて3~6ヶ月分のピルを処方します。(7~12シート処方をご希望の方は、医師にご相談ください。ただし、医師の判断により処方枚数はご希望通りではない場合がございます。)

当院でピルを処方できない方

  • 以前、ピルの成分で過敏な反応が出たことがある。
  • 乳癌や子宮内膜癌などのエストロゲン依存性悪性腫瘍がある。もしくは、その疑いがある。
  • 子宮頸癌がある。もしくは、その疑いがある。
  • 異常性器出血があり、診断が確定していない。
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患がある。もしくは、過去にこれらの病気になったことがある。
  • 1日15本以上喫煙し、年齢が35歳以上。
  • 偏頭痛があり、「視界にチカチカした光が出てきて、光が拡大してギザギザした光となり、中心が見えにくくなる」といった視野の異常が見られる。
  • 心臓弁膜症があり、肺高血圧症や心房細動が見られる。
  • 心臓弁膜症があり、以前、亜急性細菌性心内膜炎になったことがある。
  • 糖尿病があり、糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症になっている。また既往の方。
  • 血栓ができやすい体質。SLEの方。
  • 抗リン脂質抗体症候群である。
  • 4週間以内に手術を予定している。
  • 手術を受けてから2週間以内。
  • 産後4週間以内。
  • その他、長い間安静状態にしている。
  • 肝臓に重篤な障害がある。
  • 肝臓に腫瘍がある。
  • 脂質代謝に異常がある。
  • 高血圧である(軽度の場合は除く)。
  • 耳硬化症がある。
  • 妊娠中の、黄疸や持続的なかゆみや妊娠ヘルペスになったことがある。
  • 妊娠している。もしくは、その可能性がある。
  • 現在、授乳をしている。
  • 現在、身長が伸びている。
  • BMI30以上の肥満の方
  • 50歳以上・閉経後の方。(40歳以上の方は慎重投与の為、要相談となります。)
  • ※上記以外でも、医師が処方に適さないと判断した場合は、処方できないことがございます。